江別市ニュース

江別市の話題や最新情報

真田幸村とは どうて真田昌幸幸村関ヶ原の戦い大阪冬の陣豊

真田幸村とは どうて真田昌幸幸村関ヶ原の戦い大阪冬の陣豊。関が原のときと、大坂の陣のときは、事情がまったく違います。どうて真田昌幸幸村関ヶ原の戦い大阪冬の陣豊臣味方たのか

豊臣派の人間なのでょうか

なの、なぜ昌幸の長男で幸村の兄 信之徳川与たのでょうか 黒田長政を支えたのち『大坂の陣』で活躍した智勇の豪将「後藤。大坂城に入城して豊臣秀頼を支え徳川家康と戦います。 谷川この時。家康
に従い会津の上杉景勝うえすぎかげかつの征討に向かっていた長政。藤堂
高虎とうどうたかついで関ヶ原の合戦で西軍について。信濃で領地を没収
された真田昌幸の子。信繁幸村。元土佐の戦国大名の長秀頼側近の武将
では。その挙措きょそと武勇の見事さで。敵味方を称賛させた。若き武将。
木村重成きむらしげなり。大坂方を取り仕切った大野治長おおのはるなが
がいました。

真田幸村とは。武田家の滅亡; 第一次上田合戦; 越後での真田幸村; 小田原征伐に真田幸村
も参陣; 朝鮮出兵; 関ヶ原の戦い; 第次上田合戦; 九度山での幽閉生活;
九度山を脱出; 大阪冬の陣; 大阪夏の陣; 真田幸村への賞賛 真田幸村
信繁と言う名は。武田信玄の弟?武田信繁を尊敬していた父?武藤喜兵衛昌幸の
ちの真田昌幸が。自分の男に授けた名であった。 父?武藤上田合戦に勝利
した真田昌幸は徳川家康との次なる戦いに備え。上杉家を通じて豊臣秀吉に臣従
する。大阪の陣における豊臣?徳川両陣営のキーマン。家康は冬の陣の開戦前から水面下で豊臣との和睦交渉に動いていたが。このとき
有楽斉は交渉役として和平に務めている。結局。開戦秀吉死後に秀頼の側近
として仕え。関ヶ原合戦年では家康に味方したが。その後は再び大阪城
へ戻った。 方広寺鐘また。幸村の隊が家康本隊に突撃した天王寺?岡山合戦
では。治房隊も徳川の大軍相手に奮戦したと伝わる。若くて戦も未経験であっ
たが。大阪冬の陣を前に軍議にも参加している。冬の藤堂高虎とうどう たか
とら

ここまで知らなかった。甲斐国現山梨県の武田信玄に仕えた。真田昌幸の次男として生まれる。父は
武田家滅亡後も独立を守り。徳川家康と互角に戦った名将であった。とはいえ
真田家ほどの規模では他家との同盟は不可欠で。豊臣秀吉に臣従する。このとき
幸村真田昌幸に習う中小企業の生き残り術。堺雅人が演じる主人公?真田信繁幸村は。大阪冬の陣?夏の陣で豊臣方に
付き。徳川家康が率いる大軍と戦い。家康の首を獲る寸前までこの昌幸という
人物は。早くから信玄にも才覚を認められていたというほどの知将だった。
会津征伐から踵を返して中山道を通り関ヶ原に向かう徳川秀忠の軍をまたもや
上田城で迎撃。万人の秀忠軍に一方で。真田家としては東軍と西軍の
両方に味方したことによって。伸幸が上田城の城主となり。お家は存続。

特集修正よりもむしろ歪めたい。あまりにも魅力的に描かれたため。関ヶ原の戦いに敗れ処刑されるのが辛いと
思った方は多いはず。もし大坂の陣で豊臣家が滅びなかったら世はどうなっ
ていたでしょうか?大河ドラマ『真田丸』では真田昌幸が死の間際に息子
信繁に「豊臣軍勝利プラン」を伝えます。仮に清正が生きていて豊臣家に味方
したならば。同じく秀吉子飼いの福島正則も黙っていないでしょう。今まさに
物語が佳境を迎える『真田丸』の主人公?真田幸村ももちろん登場!大阪城天守閣。大阪城?上田城友好城郭提携周年記念 特別展 「真田幸村の生涯を彩った人たち
」配流先の紀州九度山から劣勢の豊臣家のもとへはせ参じ。冬の陣では真田丸
を拠点に徳川の大軍をほんろうし。夏の陣武家社会の片隅に追いやられていた
彼が戦国最後の戦いで放った一瞬の輝きは。強烈な残像となって同時代の人々の
脳裏に真田幸村は。信濃国上田城主真田昌幸の次男。慶長年の関ヶ原合戦
の際。上田城に攻めてきた徳川秀忠の大軍を父とともに撃退する。

江戸散策。信州上田城において二度の戦い第一次?第二次上田合戦で徳川勢を退け活躍した
幸村信繁/のぶしげ。家族が敵味方に別れた戦い。戦国の世の非情さを『真
田丸』もいくつかの場面で描いている。 そのひとつは関ヶ原前夜の『犬伏いぬ
ぶしの別れ』のくだり。ここは戦国武将の「家族のあり方」「家のあり方」「
武士の生き方」を知る昌幸が西軍に付いたのは家康を相当嫌っていたことと。
西軍が勝つと踏んでいたからだ。なぜ家康が助命嘆願を聞き入れたかは分から
ない。

関が原のときと、大坂の陣のときは、事情がまったく違います。そもそも関ヶ原は豊臣対徳川ではないので、一貫して「豊臣派」というのは間違いです。関ヶ原のときは、ひとことで言って「それぞれ、勝つと思ったほうについた」というのが実際のところだと思います。父と次男は西軍が勝つと思った、長男は東軍が勝つと思った、それだけです。真田昌幸という人は、一貫して信濃と上野の国境近くの山奥で、北条、上杉、徳川といった大勢力を向こうに回して頑張っていた人です。ひじょうにトリッキーな戦術に長けてはいましたが、中央政界に詳しいわけではなく、情報は断片的です。昌幸は、息子たちを中央政界京都?大坂に送り込み、そこから情報を得て身の振り方をその都度考えています。兄の信之は家康の重臣?本多忠勝の娘を妻に迎え徳川人脈の一員となり、次男は秀吉の斡旋で石田三成に近い大谷吉継の娘を妻に迎えます。当然、兄の取ってくる情報は徳川寄り、弟からもたらされる情報は石田寄り、のバイアスがかかったものになります。これを公平に総合することができれば、どっちが勝つか正確に予測できたかも知れません。しかし、昌幸は長年、徳川とやりあってきたという経緯があり、徳川の下につくのはどうにもシャクだ、という別のバイアスがかかってしまっていたんです、どうしても。そこで、次男のほうの情報を重く見て、「西が勝つといいな」から「西が勝つに違いない」という判断になります。いっぽう、徳川の中枢に情報源を持つ長男は、東が勝つに決まってる、と自分の肌感覚で確信しています。父親の判断は明らかに間違いです。しかし、どう言っても聞いてくれない。これは袂を分かつしかないでしょう、自分が生き残りたければ、親も子もないわけで。喩え話をしましょう。真田家、という車のハンドルをずっと握ってたのは、昌幸というお父さんです。息子二人は後部座席で、スレスレの車線変更を繰り返すお父さんの運転を、いつか事故るんじゃないか、ってずっとハラハラして見ていました。やがて、自分にも家族ができて、別の新しい車を買った長男の信幸は、「ボクは、お父さんのような運転はしないよ。むやみに車線変更なんかしないほうが、安全だし、結局早いんだ。お父さん、僕らと一緒に旅行にいくなら、安全運転してよ。でなければ、もう、別々に出かけよう」と説教しますちなみにその新しい車は、妻の実家に半分出して貰って買ったもんです。 お父さんは、いままで俺のやり方で上手くやってきたじゃないか、ってプライドがありますから、「不愉快だ、もうオマエとは一緒に出かけん、い~や、オマエの家族とは付き合わん!」と怒りだします。まあ、そんなとこじゃないかなあ、と私は思いますね、実際のところ。お父さんには、お父さんの生き方があって、それは曲げられない、ってことです。 でも、事故って車がオシャカになったら、渋々頭下げて息子の車に乗せてもらうしかないんだけど。 深い考えの末の、家を存続させるための策略である、真田はなんて頭いいんだ、ってのは買いかぶりすぎだと思いますよ。だって、そういうことをやった家って真田だけじゃないもの。結構、どこの家でもやってますよ。前田利家の息子も二手に分かれちゃってるし、島津だって現場と国許では意見が分かれてたんです。「関が原の真田家戦略」は、どの歴史小説にも同じように書いてあるので、もう史実みたいに罷り通っていますが、果たしてどうなんでしょう。そんなトリッキーな意図があったというより、実は昌幸?信幸親子に深刻な路線対立があったのかも知れない、家督相続のトラブルに過ぎないのかも知れない、そのほうが自然なような気もするのですが。歴史には先例があって、保元の乱のときに源為義と源義朝は敵味方に分かれ、父為義は為朝義朝の弟をつれて崇徳上皇方に味方して敗れました。このとき為義は、たとえ負けても勝った側にいる息子が保護してくれるだろうと考えていた、といわれます。ところが勝者の後白河天皇は、なんと義朝に父親の死刑執行を命じたのです。義朝がこのあと平治の乱で敗死しますが、「アイツは実の父を殺したヤツだ」と見られて人望を失っていたことも一因と考えられます平清盛も叔父を斬っていますが、やはり父とは質が違います。「親子で分かれて保険をかける、などという姑息な手段はたいていうまくいかない」という実例になったのです。このとき為義と義朝が本当はどういうつもりで敵味方に分かれたのかは、実のところはわかりません。昔のことですから。こののちも、足利尊氏と直義、応仁の乱のときの斯波氏や畠山氏など、親子?兄弟が敵味方に分かれるケースは数え切れませんが、結局「所領争い、家督争いで対立するのは、赤の他人ではなく親子?兄弟同士である」というのは、身も蓋もない真理ではあります。にもかかわらず、国民的人気の真田一族だけに、「単なる親子喧嘩じゃ格好悪い」ということで、ある種のヒイキでこういう「説話」ができたようにも思います。大坂の陣の際には、情勢が全く違います。関ヶ原の「東軍」「西軍」は一応、対等に近い勢力でしたが、大坂の陣は「徳川対豊臣」ではもはやなく、「幕府全国対豊臣大坂城だけ」の戦いです。大坂に勝ち目はありません。江戸幕府体制下で所領を得ている大名は、ただのひとりも大坂方に付いたものはいません。つまり、「今の世の中で居場所のないもの」だけが、一発逆転を夢見て、大坂城に集まっている、ということです。具体的には、関が原で負けて所領を全て失った者、主人と反目して家を出ざるを得なかった者 、キリシタンとして迫害されている者、などです。ちゃんとした大名が全く大坂に味方していない、ということは、これは対等な戦争ではなく、謀反の懲罰である、大坂に勝ち目は全くない、ということをみんな知っている、ということです。でも、現在何も待たない連中は、どんなに勝つ可能性が限りなく低かろうと、このまま朽ち果てるよりはマシだ、と考えるわけです。奇跡が起こって豊臣が天下を取り返せば大穴万馬券、そうでなくても、いくばくかの領地を残した形で講和できれば、戦後それなりの禄にありつけるかも知れません。 真田と並び称される浪人の大将?後藤又兵衛 は、主君?黒田長政と折り合いが悪く、黒田家を出奔してしまったため、世の中で復活するためには大坂城に入るしかなかった。長曽我部は家ごと潰されたので、山内侍の下で虐げられるのが嫌なら、浪人するしかない。そこで旧主が大坂に味方するといえば、最後のチャンスなので、ついていくでしょう。 真田幸村信繁 も、要するに関が原で負けて、九度山に幽閉されていたわけで、これはドライな言い方をすれば「兄との相続争いに敗れて追放された弟」です、客観的にみれば。大坂の陣は、一発逆転を狙う最後のチャンスです。 それだけのこと、と考えたほうが、正しいです。義だのなんだのは、後付の理由にすぎません。ただの食い詰め者、と言ったら可愛そうなので、お話のうえでは、いろんな大義名分が語られますが、結局は、それは「お話」にすぎません。もともと真田氏は信濃と上野にまちがる地域の国人勢力です。真田は大名ではなかったので、甲信地区に勢力を伸ばしてきた武田の国衆となります。しかし、武田勝頼が織田信長に滅ぼされてしまうと真田は大名化を模索します。最初は越後の上杉や小田原の北条などと手を結んだり、切ったりして様子を伺いますが、やがて信長の死後、徳川家康の勢力が強大化するにつれて、徳川に味方するように見せかけて接近し、信州の上田に城を徳川の財力で築城させてこれを乗っ取ります。真田昌幸に騙されたと怒ったのは徳川家康。そこで上田城を奪回すべく合戦になります第一次上田城合戦圧倒的兵力を誇る徳川勢は少数の真田に撃退されてしまいます。その後、秀吉が天下人になると秀吉が徳川と真田の裁定を行い、真田は徳川の与力大名となります。秀吉は真田をてなづけて大名にして、徳川家康の監視役にしたということです。このため真田は豊臣政権になって大名扱いになりました。徳川とはもともと敵対していたということになります。さて、真田信之は徳川家康の重臣である本多平八郎本多忠勝の娘を正妻に迎えます。妻が徳川家康の重臣、本多忠勝の娘という縁をもって真田信之は徳川方につきました。父の昌幸と弟の幸村は反徳川として豊臣方に、兄の信之は妻の縁により徳川方につきました。そして、真田昌幸と幸村は合戦場である関ケ原を目指して中山道を進む徳川秀忠軍をゲリラ戦で翻弄して、徳川軍本隊は関ケ原の間に合わなくなります。兄の真田信之が本多忠勝を使って必死に父昌幸と幸村の命乞いをした話は有名です。大坂の陣で幸村の名を聞いた家康は「今度は真田の子せがれかぁ???」と嫌そうな顔をしたという逸話があります。大坂の陣の際、120万石から36万石に減封された毛利輝元と毛利秀元は、家来の内藤元盛を大坂方として大坂城に送っています。毛利輝元?秀元は真田同様、徳川と戦う戦意が衰えていませんでした。かつて石田三成は、捕縛された際、石橋山の源頼朝を例に出し本田正純を一喝したとされます。「再起を図るのが大将の道で、腹を切ったりするのは端武者のすること」という趣旨です。宇喜多秀家がはるか遠くの八丈島に流されたのに対して、真田親子は大坂に近い紀州九度山。さらに紀州藩のゆるゆるの警備。これには真田が大坂方を焚きつける徳川方のスパイだったのではないかといわれるほどです。真田は信州?上田で3万以上の大軍を、3千ほどの兵で迎え撃ちました。慌てて東軍に寝返らず西軍として戦うのは、桶狭間での織田信長公を彷彿とさせます。数の問題ではなく、「義」の問題だと私は思います。武士の家はそれが普通。古くは平氏と源氏、南朝と北朝、西軍と東軍、豊臣と徳川??????天下分け目の戦いの際、元々、長男と次男の相続争いのある家は、このタイミングで敵対する。長男が平氏なら次男は源氏。仲の良い家なら、南朝に付く長男と北朝に付く次男は、敵対はしないが、分かれていく。しかし、武士の家は、当主を中心にだんだんと分裂しなくなっていった。太閤検地によって、さらに当主に権力と富が集中して分裂しにくくなった。しかし、真田家や関ヶ原の島津家のように古い体質を残した家もあったということだ。真田は、徳川が勝つことは最初から分かっていた、のだよ。真田は代々列強に囲まれた家柄だ。どこが勝つか、については一番敏感な家、だといえる。だから、家主当時は信之を徳川側につけたわけだ。問題は、なぜ、昌幸、幸村が、豊臣側に付いたか?ということだ。真田は豊臣秀吉にご恩があった、のだよ。だから、裏切ることができなかった。それは単に「心情」だけの問題ではない。当時は、「敵ながらあっぱれ」という風潮があった。例えば、島津家の次男、島津義弘は、西軍として参戦したが、その時の行動があっぱれ、として、島津家は領土が安泰、外様ではあるが江戸幕府で珍重されるわけだね。逆に毛利は、西軍大将であるにも関わらず、出陣さえしなかった。だから、領土が殆ど無くなるのだね。福島なんかは、豊臣を裏切って、徳川側に付いたが、しばらくしてから潰されている。つまり、「風見鶏」というのは、今でこそ、いい意味に使われることもあるが、当時は完全にNGだったわけだ。つまり、昌幸、幸村が主君豊臣を裏切らずに、敵ながらアッパレの功績を示したから、真田家信之は、その後、江戸幕府で珍重されるわけだね。分かりずらいと思うが、これが「武士の世界」なのだよ。参考までに、真田家は江戸幕府で最後まで珍重され、最後は、松代真田十万石として、幕末の震源地として有名な、佐久間象山を生み出す、のだね。豊臣派とか徳川派という分け方は、後世の人たちの勝手な分け方でしょうね。当時は、自家を残すことだけを考えて最良の選択をするのが、武将の基本でしょうから。昌幸の考えは、昌幸でないとわからないでしょうけど、長男を徳川方に組させたということから考えると、実は徳川方の天下を心の中では予想していたのかもしれませんね。でも万が一、石田方の目も捨てきれないから、次男である信繁と老い先短い自分は、西についたのかも。義理だとか、人情だとか、メンタルな部分はほとんど後世の小説家の後付けでしょう。大坂の陣での信繁も、豊臣への義理なんてものもなければ、徳川方の兄を頼って余生を送る道もなし??このまま朽ち果てるくらいなら、一世一代のばくちを打ってみたい!って考えるのは自然だと思います。関ヶ原は、お家存続のための方策です。西軍に幸村、東軍に信之と別れることで、どちらが勝ってもお家が存続出来るようにする策です。これは真田に限らず、同じことをしている大名は他にも居ました。例えば前田家も、兄?利長は東軍寄り、弟?利政は西軍寄りの行動をしています。どちらが東軍?西軍に付くかは、幸村は妻が大谷吉継の娘、信之は妻が本多忠勝の娘でしたので、それぞれ妻の実家というコネクションがある側に属したんでしょう。父?昌幸が西軍なのは、家督継承者として育ち実績もある長男?信之であれば一人で大丈夫、という判断でしょう。大阪の陣のときは、幸村に徳川に付く選択はありません。当時の幸村は蟄居状態です。分かりやすく言うなら「命だけは助かったが、無期限謹慎処分としてお寺に半幽閉。今後一生、表舞台に戻ることは無い。」というものです。では豊臣側はどうかと言うと、圧倒的に味方が不足していました。そこで、負けたとか問題行動で落ちぶれてしまった元武将に、味方になるように呼びかけたんです。落ちぶれてしまった人でも、活躍すれば要職に就けるよ、と言って。そうして集まった落ちぶれ武将達。幸村はその一人に過ぎません。幸村は豊臣家のために戦ったのではなく、豊臣家しか雇ってくれなかっただけです。ですから、結果だけ見ると幸村は豊臣寄りの行動をしているように見えますが、実態は打算と妥協の結果です。別に豊臣に思い入れがあったとかでは無いと思いますよ。大阪の陣で参集した武将はみんなそう。本当に豊臣に味方するために来たのは毛利勝永ぐらいでしょ。武田家滅亡後、昌幸は秀吉に臣従し、信繁は秀吉の近習として大坂城に詰めていました。家康とは同じ豊臣の家臣として同格と考えていたのでしょう。だから関ヶ原で家康に与するのを良しとしなかったのでしょう。体勢的にも西軍の勝利を確信していたと思います。信之が東軍に付いたのは本多忠勝の娘を嫁にしていた事情からでしょう。端的に言えば成り行きでしょう、主家が滅んで徳川とも決別、上杉とは単独では敵対出来ないので信繁を人質にして同盟、武田の仇である織田、羽柴には一定に接し、徳川と同盟する北条といざこざを起こす、外交策は上杉を背後に同調、20年足らずの泰平の後、東西に分かれた。それは、真田の周りが東軍だらけで東軍に与しても大した恩賞は得られないと計算したからだそうです。昌幸の長男で幸村の兄 信之は徳川に与したのは、昌幸が「どちらが勝っても真田家を存続できるように」と関ケ原前に息子たちと取り決めたというのは有名な話です。昌幸は大阪の陣の前に死んでいます。それで信繁ですが、正室が大谷吉継の娘です。吉継は石田三成の盟友として関ケ原で戦った人物です。信繁がそこから西軍の延長線上にある大阪方に与したのも自然な流れだと思います。信繁自身も長い九度山での蟄居生活で身体的に衰えを見せ始め、最後の死に花を咲かせられる場所として大坂の陣を選んだ面もあります。歴史家の桑田忠親氏はこれらの理由を掲げ、最後に、タヌキ親父の家康に一泡吹かせてやろうという義侠心を持った快男児でもあった、と見ています。

  • 北知本03 つまり今から約2000年前より前には朝鮮半島
  • 楽天モバイルRakuten メルカリで中古のiPadを購
  • 新型コロナの症状 診断されたあと一度も病院に行かず4年後
  • シューベルト 1番と2番まで考えてくださるとありがたいで
  • 8gのベンゼンC6H6を完全燃焼させた時に生成する二酸化
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です