江別市ニュース

江別市の話題や最新情報

マーケットプレス 政府良ぬ事企んで金融機関マイナンバーの

マーケットプレス 政府良ぬ事企んで金融機関マイナンバーの。「税管理の為、特定口座の損益通算、NISA開設状況確認」など2008年に施行された犯罪収益移転防止法で間に合っています。証券口座開設するきマイナンバーの提出求められます、ような意図あるのでょうか 政府良ぬ事企んで金融機関マイナンバーの情報収集ているなど言う話聞いたこあるの、本当か 銀行にマイナンバーは教えなくちゃいけないの。年月から始まったマイナンバー制度に基づき。銀行の口座開設でマイ
ナンバーの提出を求められる機会が制度が始まったので何となく提出している
けど。実際にどのように使われているかわからない…」と感じたことは
ありませんか?マイナンバーは。国が国民に対して。個人の所得や年金。納税
などの情報をつの番号で管理するという制度です。複数口座の資産を国が
管理することは非常に難しかったのですが。マイナンバーで全ての銀行口座が紐
づけ

マーケットプレス。のことです。 そこで本日は「マイナンバーと預貯金口座のひも付け義務化」
について。皆様にご意見を伺います。国が個人の金融資産情報を把握すること
につながりかねない」--活発なご意見をお待ちしています。 「マイナンバー
給付金でも政府は手数料を取ってもいいのではそれでマイナンバーに口座がある
人は無料とすれば 文句をいう人は減るのではだいたいにマイナンバーに反対
する者は反社会的組織の者に代表される脱税を企んでいる者達です。お寄せいただいたご意見。奨学金の利用者学生。返済者。お子さんが奨学金を利用?返済している方
など。奨学金について感じること。困っていること。今回の新制度では給付型
奨学金に受からなければ。授業料免除は受からないというのは本当みたいです。
また当時もそれなりにインターネットが普及していたので。自分で調べようと
思えば色々情報収集はできたでしょう。母子で収入も万弱です。年
月から月のマイナンバーによる私は扶養なしの独り身としての課税対象になる
から。

銀行預金への「マイナンバー」導入。今回は。銀行の預金口座にマイナンバーが紐づけられた場合。相続税の税務調査
にどういった影響があるかをご説明します。や個人向け国債などの特定の商品
を購入するための口座開設の場合には。証券会社と同様にマイナンバーの通知が
金融機関は過去年間の取引記録の保管を義務付けられているので。税務署は
過去年分の情報を入手その後の調査で。実はご近所にお父さまと同姓同名の
方が住んでいて。その方の預金口座であったことが分かりました。金融機関における取扱い。内閣府のマイナンバー総合サイトです。金融機関におけるマイナンバーの取扱い
について掲載しています。

「税管理の為、特定口座の損益通算、NISA開設状況確認」など2008年に施行された犯罪収益移転防止法で間に合っています。マイナンバーで変わるのは「個人」「法人」「日本人」「外国人」のフラグを付けることにあります。つまり1997年から始めた預金封鎖の計画を実行するうえで外国人や法人を巻き込んでトラブルになることを防ぐためです。1997年 大蔵省原案?国債?地方債の利払いを停止し、利払いは将来にわたっても一切行わず、元本は一律5割カット、30年償還とする?郵貯、簡保は貸し出している特殊法人への融資金約200兆円は全てを債権放棄する。このため預金者などに対しては一切の払い出し?解約を停止し、一律5割カットの上国債のように無利息で30年償還とする。?民間金融機関に預けている国民の預金は全て5割カットする2001年IMF原案2002年2月14日開催第154回国会予算委員会で,五十嵐文彦議員民主党が触れた内容。1 公務員の総数の30%カット,給料30%のカット,ボーナス全てカット2 公務員の退職金は100%すべてカット3 年金は一律30%カット4 国債の利払いは,5~10年間停止5 消費税を20%に引き上げ6 所得税の課税最低限を年収100万円まで引き下げ7 資産税を導入して不動産には公示価格の5%を課税8 債権?社債については5~15%の課税,株式は取得金額の1%を課税9 預金は一律1000万以上のペイオフを実施10 第2段階として,預金額を30%~40%を財産税として徴収では なぜ 今現在マイナンバーが必要なのか?ここで終戦後の預金封鎖について触れます。預金封鎖は1946年2月ですがその前の1945年10月にGHQから財産税の指令が日本政府に来ています。これはのちに日銀の発券局長が認めています。「日本銀行職場百年史」によるとに大蔵大臣に就任しした渋沢敬三が真剣に預金封鎖と新円切り替えを考えたのは11月と回想しています。これにより当初は1946年10月頃に預金封鎖を行うことで調整していたものを先にインフレが急速に進んだもので急遽2月に繰り上げて行うことになります。本来なら1946年10月までの間に、一部の資産家や政治家は資産を逃がす準備期間としては十分であろうと考えられていたところに繰り上げになりましたが彼らには抜け道が用意されることになります。GHQや大蔵省に対して政治的に働きかけて一部の人間は封鎖解除してもらうことがあったそうです。平成元年2月8日の日経産業新聞に掲載された福田赳夫元首相、当時は大蔵官僚の回想で明らかにされています。福田赳夫はGHQや吉田茂に呼び出されて便宜をはかるように求められることがたびたびあったそうです。このような経緯を考えても 外国人は免責されたと考えるのが妥当でしょう。今の日本で預金封鎖をするにはマイナンバーで事前に区分けしていればこんな手間暇はかかりませんからマイナンバーは絶対に浸透させたいでしょうねぇ>政府が良からぬ事を企んで金融機関にマイナンバーの情報を収集しているなどと言う話しを聞いたことがあるのですが、本当ですか。 事実でございます。高校時代から株投資を始めて約20年ですが長年財務省や税調自民党税制調査会及び政府税制調査会の動向を見てきた立場から言うなら既存口座のマイナンバー提出要求は無視するに限ります。また これからは新規口座開設は絶対にやめた方がいいです。マイナンバー提出などもってのほかです。証券税制が非課税でないことがおかしいとまず思うべきです今の日本の証券税制は優遇ではありませんし海外ではドイツ、シンガポール、香港など原則非課税が当たり前、課税されていること自体が「悪税」と言われているものです。そもそも 安倍政権はグローバル化と言い「法人税を香港やシンガポールのように減税しなければならない、代わりに消費税増税だ」と言うくせに なぜ証券税制は非課税にしろと言わないのでしょう?また国民にグローバル化の視点を持たせるなら「日銀政策で円安を目指すなら国民に円建て資産を持つことは損だよ」となぜ真相を教えず国内で資産価値毀損を甘受させようとするのでしょうか?それは 自民党の政治献金する法人には甘い一方で 個人に対しては極めて厳しい態度で臨んでいる表れです。個人の資産なら収奪しつくしても構わんと思っているからです。証券税制を非課税にするならマイナンバーと証券口座を紐付ける口実はなくなります。それなのに、紐付けようとするのはなぜでしょうかね?昭和時代は証券税制は原則非課税であり、それが課税化されたのはバブル期に過剰投資を抑えるための暫定的なものでした。「失われた●年」が収束すれば非課税に戻すべきものを戻さずに課税を続けているのは 平成9年1997年に当時の大蔵省で国民総背番号制を使って個人資産を把握して「日本人の個人限定」で預金封鎖をして財産を没収する計画が進んでいるからです。現在特定口座を除いたら証券会社にマイナンバーを提出させる法的義務はありません。だから既存口座でもマイナンバー提出要求があっても拒否して不利益はありません。しかし 新規口座開設でマイナンバーを提出しないと口座開設できないようにされているのは「法的義務」ではなく「将来の預金封鎖のために安倍政権が圧力をかけている」のが真相だからです。詳細はこちらを参照くださいよく税務処理で必要とか不正を防止するとか脱税を摘発するためにマイナンバーが導入されたと「デマ」を流す人がいますがそんなことも絶対にありません。もし政府や官僚が預金封鎖の計画を放棄しているなら証券税制はとっくに非課税になっていますよ。1997年に大蔵省内で預金封鎖の検討が始まりましたが当時の税収の1300億円経済を正当な方法で立て直すなら非課税にした方がいいに決まっています。1300億円の税収が消えても、貯蓄から投資を促して資産インフレによる好景気を目指せば数兆円の税収で取り返せるでしょう。そんな損得勘定がわからないほど官僚は馬鹿じゃないでもそれをしなかったのは理由は1つしかないんですよ。現在は個人金融資産は1500兆円に増えています。それを狙っているからこそ 2025年までにマイナンバー利権で30兆円食い逃げする計画があっても マイナンバー制度を推し進めているわけです。ちなみに預金封鎖と財産税は違うので国会議員に責任を負わせることはできません。税制は日本国憲法で定められているとおり国会で決めなければなりませんが預金封鎖はそれは不要です。小泉内閣以降今まで預金保険法や銀行法を改正することで金融機関の生殺与奪の権限を金融再生員会や国会から奪って内閣総理大臣一人の権限に委譲しました。つまり預金封鎖の意思決定に国会審議は一切必要ない。つまり秘匿性も保たれ多くの与党議員も責任を負う立場にありません。預金封鎖で責任を負うのは、首相官邸で会議に参加する、首相、日銀総裁、財務大臣、金融担当大臣など一部の人間だけであり首相以外は国会議員以外から選任できます。更に小泉内閣時代に自民党は73歳議員定年制が導入されているので首相は勇退予定の人か定年間際の人を据えておけば事実上誰も責任を問わないのですよ。実際日本では既に小泉純一郎、村山富市、鳩山由紀夫、福田康夫のように自主的に身を退いて存命している元首相がいますしね。それに今の維新や民主がやったように自民党も預金封鎖後看板を架け替えて人員をちょっと出し入れすればもう完璧に責任問題はうやむやになりますね。またマイナンバー制度のことを抜きにしても安倍政権の政策を総合的に考えるなら個人資産を収奪する目的にあることは明白です。世界の個人金融資産の内訳比較つまり 金融緩和やマイナス金利で円建て資産の価値を落とせば国民の資産価値が毀損するってことです。代わりに国の借金も目減りしますそして 物価が上がると デフレ脱却と称して消費時増税デフレで消費税増税すると経済学者が一斉に批判するのでその口封じですねの口実ができるってことです。どれもこれも国民の財産を奪うためのものです欧米と違って日本の個人金融資産は「預金偏重」ですからね。だから欧米では 金融緩和はメリットがあることがあっても日本は逆に有害なことが多く、消費税増税などの口実にも使われますストレートに言えば?マイナンバー利権?森友 加計などの税金の私物化?佐川宣寿のような安倍総理に従順な犬となる官僚を優遇する天下り先の確保、?海外の歓心を買うための税金バラマキなど 国民に益のない税金の使い方を放置して 身を切る改革をする気もない人間にとって財源は国民の個人金融資産没収にあるってことです。そのために 金融緩和という「インフレ要因」と消費税増税という「デフレ要因」を組み合わせて物価を調整して「緩やかな物価上昇が続いて景気が回復している」というデマを流して 国民の資産を奪い取るってことですね。そこにマイナンバー制度が加われば 鬼畜としか言いようがありません。?増税対策は節約をすること?金融緩和対策は円建て資産から外貨資産に移すこと?マイナンバー対策は 口座資産から撤収することこそ資産防衛の道であり自分の資産をひけらかすようなマイナンバー提出など言語道断 もってのほかと考えるべきです

  • 銀河英雄伝説 この前銀河英雄伝説を観たのですが空気がない
  • TDRな生活 ディズニーシーのニューヨークデリの外の壁に
  • 金子ノブアキ×glamb 久しぶりにあの場所に行ったら変
  • 偏差値とは何 受かる可能性があるので有れば当日は何点ぐら
  • 最初が肝心 新入社員の研修で大切なことは何ですか
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です